• キ ヨ ス テ

    KIYOMIZU
    STAGE

    時には弱いこともある普通の人間ですから 折れてしまった時に力をくれたのが音楽でした 自分が救われたように自分の歌が誰が救えるかもと ひいては世の中のプラスになれるかもなんて妄想してしまったんでしょう 五本の指には入る大事な友人が窮地に立たされた 彼を救ったのは俺じゃない インチキ新興宗教でした 特別飲みたいわけでもない部屋にあった焼酎割らずに飲み 喜劇の主人公気取ってる夜でした

  • キ ヨ ス テ

    KIYOMIZU
    STAGE


    僕らはよどんだ海で 息継ぎもできずに あがくためにわざわざ泳ぎに出たのか それでも僕らはかすかに思い出す 海に出た時のまばゆい光を

    僕らはよどんだ海で汚い水を吐いた
    それでも僕らはかすかに思い出す 海に出た時のまばゆい光を


バンド「キヨステ」と 弾き語りユニット「一人掲示板」のWEBサイト

 
今年のライブは来週の2本で終了。

近況報告はすっかりSNSに移ってしまいました。こんな車に乗ってるのが恥ずかしいと、乗る人に存分な羞恥プレイを提供可能な左側ボコボコの愛車、ユタカーのさらなるボコり案件をここでリアルタイムにご報告できなかったことが残念です。最初に左側を擦った際、キズ直しのタッチペン式の塗料を購入したのですが、その後の工事現場の鉄柵、ファミレスの縁石と続く惨劇の傷跡は、そんな小さなペン如きで対応できるものではありません。ベースのもっちーには、いっそウルトラセブンなどを描いてはどうかと提案され、痛車といえば、アニメやゲームのキャラが定番ですが、特撮系の絵を施したものは少なそうなので、今こそ攻め時なのか見極め中です。

傘などを持って出て、それを忘れずに持って帰ってくることの方が奇跡というレベルに進化中の私ですが、先日、大阪から来た友人バンドを見に行った際も、ライブハウスにマフラーを置いてくるという安定の所業です。片道2時間弱かかる小岩に再び行く機会がすぐにあるとも思えず、その友人バンドが預かって送ってくれたことで、マフラーは私を置いて関西を旅した上、ほしかったCDまで買ってきてくれました。色々とお手間を取らせた「Merry Ghosts」に感謝します。

私の脳内で何かが進行中なことは説明不要のことと思います。ライブ中に歌詞やメロが出てこなくなることは時間の問題であり、ご覧いただけるなら今と、10年前から同じようなことを言っている記憶ですが、12月6日(木)は1年以上ぶりの三軒茶屋ヘブンスドア、断絶交流という友人バンドとの対バンも楽しみな出演順トリ、21時半過ぎ。2日後の8日(土)は高円寺、毎年出させてもらっているライブイベントです。8日は13:50の出番、通常のライブハウスでのライブと違い、缶の発泡酒やチューハイをドリンクに、舞台も照明もない普通の練習スタジオが会場です。その辺りご了解の上、ぜひお出でください。この2本で今年のキヨステライブは終了です。よろしくお願いします。さよなら。

そもそも「一人掲示板」とはこのサイトの日記でした。


チケットは当日でも「キヨステ」もしくは「一人掲示板」ご指名で前売り料金にいたします。
ライブのお知らせはツイッター、メール、郵便でも。もしよろしければご連絡ください。
-お問い合わせ-

【キヨステ】
2018年12月6日(木)
三軒茶屋ヘブンスドア
キヨステ出演順トリ・21:40演奏開始予定

18:30オープン・19:00スタート
チケット 前売り2000円・当日2500円 (+1drink)
出演
19:00 全然大丈夫
19:40 糸川貴祥
20:20 税金5%
21:00 断絶交流
21:40 キヨステ
→ ヘブンスドア WEBサイト

【キヨステ】
2018年12月8日(土)
高円寺サウンドスタジオドム
「BJkaneko Weekender 2018」
ライブハウスのような音響や照明はない練習スタジオです。ご承知置きを
キヨステは13:50演奏開始予定

12:00スタート
チケット 1000円
出演 [MUSIC・出演時間順] 【G studio】茄子/NEW TAIWAN/slumberland/キヨステ/The FUJIYA TWINS/rarara/neon rocks/かたすみ/howward/room202/BJkaneko a.k.a あるあるじゅんじぃ大辞典
【B studio】中田コジロウ(from JIGGEN)/kahier/young italia(solo)/中島キオ/サングラス岩重/とんかつ/the girls don't cry (from I have a hurt)/ymss/DJ MILKY/DJ NECTOR [FOOD]餃子の桂馬
→ イベントフライヤー
→ ドム WEBサイト

【一人掲示板】
次回未定






キヨステツイッター
  ↑ フォローお気軽に

音源・動画



キヨステライブ動画 2018.10.7(youtube)


キヨステ「あざみ野練習スタジオ」
2018年・全7曲・500円
録音時動画(youtube)↓

【Recording】キヨステ 【Mixing&Mastering】柴田豊


キヨステ「清水の舞台から」
2015年・全14曲・2,000円
試聴動画(youtube)↓

【Guest Musicians】長塩佳子 Accordion&Keyboard / Episode37 Bass&Chorus 【Recording】キヨステ 【Mixing&Mastering】金澤靖之 【Design】小倉ミナ(studio miin)


キヨステ「14日目の月」
2008年・全8曲・1,500円
【Recording】伊藤秀樹・風間悠子・柴田豊 【Mixing&Mastering】伊藤秀樹 【Design】小倉ミナ(studio miin) 【Photograph】宮津かなえ


一人掲示板「hitori keijiban 3」
2017年・全5曲・300円
一人掲示板演奏動画(youtube)↓

キヨステ美術部

部員1名・絵とイラストの制作

デザインフェスタ出展時の取材記事 → japanese streets
一部商品化されています → アートデリ → 楽天

一人掲示板

という名の日記

 
覚えのある古い船。

観光資源がある町に住む人達にありがちな話と同じく、私も誰かを案内する時しか行くことのない横浜の観光エリアです。遠方から来た知人を連れ、現在の姿になってからは初めて大桟橋に行きました。屋上からの眺めは横浜の夜景を見渡せる確かに素晴らしいものでしたが、そこはほぼ海の上であり、吹きすさぶ寒風に耐えられたのは10分にも満たなかったでしょうか。大桟橋にはロイヤルウイングという船が停泊中でした。

この船、元々は古いクルーズ船で、今から30年ほど前にエンターテイメント・レストラン船として改装されたそうです。バブル崩壊直前、当時のバンドメンバーの友人が参加しているイベントサークルがこの船を借り切り、数百人の学生を集め、バブルガムブラザーズや杏理、シーナ&ロケッツなどのコンサート、ビュッフェにディスコ、横浜の海をクルーズしながら船上パーティーという、いかにもバブルとしか言いようのない企画の中で、そのバブルガム達の出るコンサート会場に学生のバンドを何組か出したいと、我々のバンドにも声をかけてくれたのでした。

パーティー前夜、出演の学生バンド達は川崎の埠頭に集められ、音響機材や楽器などを船に積み込む荷役を、おにぎりとお茶という報酬で、しかも風雨でびしょ濡れになりながらやらされたのですが、この時、最初に何組も聞いていた出演予定の有名ミュージシャン達はバブルガムのみになっていたのでした。そして翌日の船上パーティー、出航直後に始まったバブルガムブラザーズのライブは数百人の学生で埋まり大盛り上がりであり、それが終わり、我々学生バンド達の出番となりました。

既にお察しいただいているでしょうか。海上での数時間、プロのライブ、酒・食事、異性との出会い、それらを求めて高い金を払いパーティーに参加した若者の誰が、シケた学生のオリジナルバンドなど聞くものでしょうか。たった5分ほど前まで目の前にあった数百人の人の波は幻のように消え、会場からは文字通り人っ子一人いなくなりました。しーんとして波に揺れる、誘拐されてぶち込まれた船倉のような場所で、2~3人のスタッフのみを前に演奏する中で、我々を誘った友人スタッフが申し訳ないと思うあまりか、1曲終わるごとに一人、ヒューヒュー言う声だけが響き渡る光景が強烈に焼き付いています。結果的にプロのミュージシャン達とのライブをエサに、前夜、安価な労働力として使われただけの我々は、まだ20歳を過ぎたばかりだったか。虚無という言葉もまだ使い慣れない頃の笑える思い出、ロイヤルウイングはまだまだ現役らしくキラキラしていました。さよなら。


 
生(ナマ)。

PCやスマホで見るもの、聞くものと、生でのそれとは明らかに違う、そうであるうちは生演奏や絵の展示に興味を保てるかなとは思いますが、WEB上に溢れる動画等ですら生の価値を駆逐してきたのですから、VRなどがさらに普及すると生などどうでもよくなる日が来るのでしょうか。上の写真、ギャラリーの明るくフラットな照明で撮った写真は、部屋より実物に近い色には写ってくれました。会期中の入場者は約2,000人だったそうで。誰の目にも触れず眠っていた絵がそれだけの人に生で見てもらえたことで無理して出した甲斐があったかもです。

10年以上前か、中学の頃に好きだったバンドが大御所となっており、そのライブDVDを見た際、演者が歳を取り、動きが緩慢になるのは仕方ないことであるのに、編集におけるカメラの頻繁な切り替え、一つのカメラでもフレームやズームを派手に動かしまくることで躍動感や臨場感溢れる出来になっていることに、その手法を編み出したこの世の誰かに感心したものでした。かと言って同じ頃、そのバンドを生で見た際に動きの無さに退屈だったかと言うとそうではなく、まさに別物になる映像化で失われるニュアンスの補正という感じでしょうか。その程度に留まればよいのですが、生の良さを駆逐する逆で、生のダメなところでもいくらでも良い方向に作れてしまえるのも、映像作品やネットに溢れる写真や動画ですよね。

先月、出させてもらったライブでは、主催者の方がプロに動画撮影を依頼していたらしく、ライブ後にその動画をいただきました。少ないカメラで躍動感を出す、上に書いた私が感心していた手法に、コントラストを上げて色鮮やかに、音はコンプで圧縮し迫力を出しているようで、これらのテクさえ押さえれば、私も起業できるかもしれません。
→ 2018.10.7 ライブダイジェスト
この動画を見て「生で見るより5割増しで良く見えるじゃん」などと面と向かって言ってくる粗暴な方はまだいませんが、心の中で思われないように、いい生演奏をしたいと思うキヨステ、年内のライブが決まりました。1年以上ぶりにホーム、ヘブンスドアへ帰還し、その2日後、毎年恒例のスタジオライブに呼ばれています。さよなら。


 
ライブのためにはアンプなのだが。

ライブハウスでは出演者が、ドラムセットはじめ楽器のアンプなど大きく重い機材は店のものを借りることが一般的なのですが、自分が普段使っているものと同じギターアンプ等がその店にあるとは限りません。必然、車でマイアンプ持ち込みという流れになり、これにより「飲めない」という痛恨の環境が到来するのですが、それはあんまりだというライブには電車で向かうことがあります。

昨年末に出演した、飲まない設定があり得なかったイベントでたまたま目にしたバンドがすこぶる良く、打ち上げ会場で飲んでいるとそのバンドの人達が先に帰っていきます。シラフだったら果たしてしただろうか、全く知らない人達をわざわざ呼び止めて話したことが発端で、その後のやり取りもあり、先週末の、彼ら「おチョコ」の10周年ライブ出演を思うと、「アンプ」か「飲み」か。おチョコから聞くまで忘れていましたが、打ち上げ会場で彼らを呼び止めた私は、その時、自席でホラー映画話に熱が入っていたらしく、ホラーにかけらも興味のない初対面の彼らに、死ぬ前に必見のホラーを一方的に説教していたとは、飲みのマイナスで。

今月の二週続いたライブはまさに祭りであったため、荷物は古石の協力を得て電車で向かいました。先週のおチョコライブの打ち上げでは、「マーガレットズロース」の平井君が、私が若い頃、周囲によく語っていた「目指す生き方は寅さん」をまさに地で行く生活を送っていることを知り、羨ましさで酒が進み、おチョコの斉藤君とは他にあまり出会わないRC初期至上主義はじめ色々意気投合するところが多くて酒が進み、翌日も休日とくれば、終電を見送ることのためらいに要した時間は2秒ほどでした。

翌日仕事という人も多く、タクシーを見送り、高円寺在住の方を見送り、主催者でもないくせに全員見送って午前3時。雨の高円寺に初老の男が一人。こんなことをしていられるのは翌日のリアルな廃人ぶりからも、この先そう長くはないでしょうが、それでも朝の帰り道は妙に爽やかでした。素晴らしく素敵な両バンドに、呼応するお客さんも最高の夜でした。来てくださった皆さん、ありがとうございました。さよなら。


  これ以前 → 一人掲示板倉庫

メンバー

写真:ronson/三田 和明

キヨステ

柴田 豊
ギター・ボーカル
古石 正史
ドラム・コーラス
望月 孝治
ベース・コーラス

一人掲示板

長塩 佳子
アコーディオン・コーラス
柴田 豊
ギター・ボーカル

お問い合わせ

キヨステ・一人掲示板へのお問い合わせは、こちらからメッセージください。

Your message was sent, thank you!